株式投資型クラウドファンディング GoAngel

株式投資型クラウドファンディングとは/GoAngel

GoAngelで始めるクラウドファンディング

GoAngelめるクラウドファンディング

GoAngelは「株式投資型クラウドファンディング」と呼ばれる仕組みで、DANベンチャーキャピタルの審査を行い選定した企業が、インターネットを通じて株主を募集しています。

GoAngel(ご縁ジェル)とは

GoAngelは、価値ある事業を行う意欲あふれるベンチャー企業・中小企業との”ご縁”をつなぎ、株主となって応援するための「株式投資型クラウドファンディング」のプラットフォームです。 GoAngelは、企業のファンやサポーターを株主として募集する「拡大縁故募集」を理念とするDANベンチャーキャピタル(株)が運営しています。株式投資型クラウドファンディングについて紹介するメールマガジン「GoAngel通信」を配信中!

GoAngel 株式投資型クラウドファンディング

GoAngelの特徴

GoAngel特徴

魅力ある事業や企業との出会い

DANベンチャーキャピタルが蓄積してきた有望企業発掘のためのネットワークを駆使し、投資家の皆様が共感できるような会社や事業を掲載し、ご縁をつなぎます。

魅力ある事業や企業との出会い
投資後の継続的な情報配信

DANベンチャーキャピタルが蓄積してきた有望企業発掘のためのネットワークを駆使し、投資家の皆様が共感できるような会社や事業を掲載し、ご縁をつなぎます。

投資後の継続的な情報配信
投資後の継続的な情報配信
投資後の継続的な情報配信

DANベンチャーキャピタルが蓄積してきた有望企業発掘のためのネットワークを駆使し、投資家の皆様が共感できるような会社や事業を掲載し、ご縁をつなぎます。

株主として企業価値向上に貢献

株主総会に参加して経営にプラスとなる情報提供や助言を行い、あるいは顧客や取引先を紹介する等、具体的なサポートを通じて、自ら企業価値の向上に貢献することができます。

株主として企業価値向上に貢献

クラウドファンディングのメリット・デメリット

クラウドファンディングメリットデメリット

GoAngelは「株式投資型クラウドファンディング」と呼ばれる仕組みで、DANベンチャーキャピタルの審査に合格した企業が、インターネットを通じて株主を募集しています。一般の「購入型クラウドファンディング」と比較したメリット・デメリットは以下の通りです。

クラウドファンディングのメリット・デメリット

投資家登録の申込手順

投資家登録申込手順

GoAngelの投資家会員になるための手順は以下のステップとなります。投資家会員登録の受付を開始しております。奮ってご参加ください。

投資家登録の申込手順

GoAngelに関するFAQ

GoAngelするFAQ

GoAngelでは非上場株式に投資ができると聞きました。将来上場を計画する株式に投資ができるのでしょうか。
GoAngelは、金融商品取引法に定める「第一種少額電子募集取扱業務」としてDANベンチャーキャピタルが非上場会社の株式等の募集の取扱いを行うものです。DANベンチャーキャピタルでは、発行会社の成長性審査を行うこととしており、発行会社の中には上場を志向する会社が含まれます。ただし、将来の上場計画は審査要件ではなく、上場を予定しない中小企業も含まれます。すべての会社が上場を計画するわけではありませんので、ご注意ください。
また、日本証券業協会の「株式投資型クラウドファンディング業務に関する規則」によりまして、GoAngelでのご投資いただくには「配当及び売却益等金銭的利益の追求よりむしろ、発行会社及びその行う事業に対する共感又は支援が主な旨とされるべき」こととされています。株主の皆様の暖かいご助力があってこそ会社は成長できるとの観点から、ご投資判断をいただきたく存じます。
GoAngelにおける投資の金額制限について教えてください。
金融商品取引法の定めにより、GoAngelでの投資は、投資者一人あたり1社につき年間50万円が上限とされています。過去1年以内にその会社が行った第三者割当増資に参加されている場合に、その金額も通算されますので、ご注意ください。
さらにDANベンチャーキャピタルでは、投資家の年齢、年収、保有金融資産及び投資経験等によって年間の投資金額の合計額について、当社が定める取引開始基準に照らして制限を行うことがあります。特に投資経験については、国債等の元本確保型金融商品を含めて全くご投資の経験をお持ちでない方は、会員登録ができないこともありますので、ご了承ください。
GoAngelで同時に複数の会社に合わせて投資をする場合に投資できる上限はありますか?
金融商品取引法による投資の上限設定は、投資先1社あたりの制限です。例えば、GoAngel上で3社に投資を行うのであれば、それぞれ年間に50万円が上限となりますので、原則として合わせて150万円が上限となります。
なお1で示したように、投資家の年齢、年収、保有金融資産及び投資経験等によって年間の投資金額の合計額について制限を行う場合があります。
GoAngelでは1社に対して夫婦で合わせて100万円を投資することはできるのでしょうか?
金融商品取引法による投資の上限設定は、一人当たり1社に対する投資制限です。世帯ごとのカウントではありませんので、同居されているご夫婦や親子であっても、それぞれ法律上は一人ずつ投資上限が適用されますので、原則としてご夫婦二人で1社に対して年間100万円まで投資を行うことができます。ただし、DANベンチャーキャピタルの取引開始基準についても一人一人に適用することとなり、その制限の範囲内となりますので、ご了承ください。
WEB上で示される発行会社の事業計画等の内容について、電話で問い合わせを行うことはできますか?
GoAngelでの株式募集においては、金融商品取引法で、第一種少額電子募集取扱業者であるDANベンチャーキャピタルに、電話や対面での投資者に対する投資勧誘が禁止されています。電話でのお問い合わせに応じることも禁止となっております。お問い合わせは、GoAngelで募集を行う会社への質問ページから行うことができますので、そちらをご利用ください。
株式を申込した後、キャンセルすることはできるのでしょうか?
GoAngelの株式募集では、申込撤回期間を定めています。WEB上でお申込みいただいた日を含む8日間が、申込撤回期間となっています。この期間までにキャンセルいただいた場合には、申込は撤回され、申込代金(募集取扱手数料を含む)を全額ご返金いたします。
申込が目標募集額を下回った場合には、株式発行は中止になるのでしょうか?その場合は振り込んだ申込代金はどうなりますか?
GoAngelの株式募集では、目標募集額を定めて募集を行います。申込最終日までに応募が目標募集額に到達しなかった場合には、株式発行は中止となります。お預かりした申込代金(募集取扱手数料を含む)は全額、ご返金いたします。
申込が目標募集額を上回った場合には、申込ができないのでしょうか?
GoAngelの株式募集では、申込期間の最終日までに応募が目標達成額を上回った場合には、キャンセル待ちに申込むことができます。申込の撤回等が出た場合には、キャンセル待ちから先着順で申込を行うことができます。
GoAngelでは法人名義で投資を行うことはできますか?
現時点では、GoAngelの投資家会員は個人会員のみに限定していますが、1年以内には法人会員制度を設ける予定です。なお、現時点において法人名義で株式を保有されたい場合につきましては、募集終了後に個人から譲渡を受ける形で法人名義に変更が可能です。募集終了後にDANベンチャーキャピタルで売買を取り次ぐことはできませんが、発行会社は株主名簿管理人契約を行うことされていますので、募集終了後に株主名簿管理人にご依頼ください。
発行会社の役員や従業員はGoAngelで投資をすることはできますか?インサイダー取引として問題になりませんか?
第一種少額電子募集取扱業務においては、投資者について発行会社の役員や従業員を排除するものではありません。また、上場企業に適用されるインサイダー取引の規定は株式投資型クラウドファンディングには適用されません。発行会社の役員や従業員もDANベンチャーキャピタルに投資家会員として登録することにより、年間の投資上限の範囲で投資することができます。
GoAngelで募集される会社の株価はどのように決まるのですか?
GoAngelで株式を募集する会社については、市場価格がありませんので、合理的な方法によって株価算定を行います。株価算定については、第三者の専門家により公正な企業価値評価を行われることを原則とし、DANベンチャーキャピタルで審査を行った上で合理的と判断された株価にて募集を行います。

クラウドファンディングのタイプ別プラットフォームの紹介

クラウドファンディングタイプ別プラットフォーム紹介

クラウドファンディングのタイプ別プラットフォームの紹介
トップへ 資金調達をご検討の方はこちら
Facebook twitter
Dan Venture Capital

DANベンチャーキャピタル株式会社 当社は、現在、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)支援事業として、ベンチャーキャピタルファンドの運営業務、CVCアドバイザリー業務及びベンチャー企業向けコンサルティング業務を行うとともに、ベンチャーキャピタル養成講座の運営を行っています。 詳しくはこちらから

ページtopへ戻る

- 株式投資型クラウドファンディングにおける非上場株式投資の注意点 -

    株式投資型クラウドファンディングにより取り扱われる株式は、取引所に上場されていない非上場株式です。配当及び売却益等金銭的利益の追求よりむしろ、発行会社及びその事業に対する共感又は支援を主な目的として申込みされるべきです。

    発行会社は、収益基盤が確立されていないことなどにより、財務体質が脆弱な状態となっている場合もあります。ご投資後に、当該非上場株式の価値が変動することにより、将来、損失が生じることや、その価値が消失することがあります。

    投資家の方1人あたりの払込額は、1社につき年間50万円以下に限られています。複数の発行会社に投資される場合は、それぞれの発行会社ごとに年間50万円以下です。

    株式投資型クラウドファンディング業務は、募集等の取扱いによる資金調達であり、流通取引が行われることを前提としていません。(市場で売買できません)

    当運営サイトから、非上場株式購入の申込を希望されるお客様は、事前に弊社の投資家審査を通過する必要があります。

    発行会社や弊社に起因する事由により、株式投資型クラウドファンディング業務が中止されることがあります。

    非上場株式をご購入される際には、あらかじめ発行会社ごとの「契約締結前交付書面」に記載された取引の内容、手数料、リスクなどの重要事項をよくお読みいただき、ご不明な点はお申込み前に電子メールでご確認ください。
株式投資型クラウドファンディング業務においては、電話や訪問等を利用することは禁止されています。個々の発行会社に関するお問い合わせは、各社の募集ページの「質問掲示板」をご利用ください。

弊社は、日本証券業協会の特定業務会員であり、金商法第29条の4第1項第6号イ及び同法第46条の6の自己資本規制比率に係る規制、並びに同法第79条の27第1項及び第2項の投資者保護基金への加入義務は適用されません。並びに同法第29条の4の2第9項及び第10項の規定により店頭有価証券の券面の預託を受けることはできません。

<外部関連リンク>

<注意喚起文>

弊社の役職員を装い、弊社の社名を用いて未公開株等に関する勧誘、振り込め詐欺が横行しているという情報が寄せられております。
弊社は、電話や訪問による未公開会社の株式・社債等の募集や販売は、一切行っておりませんので、投資家の皆様におかれましては、くれぐれもご注意いただきますよう、お願い申し上げます。
また、このような内容の勧誘には詐欺的な事例も多く、少しでも不審に思われた場合には、下記にご相談下さい。

<相談窓口>

日本証券業協会 「株や社債をかたった投資詐欺」被害防止コールセンター
0120-344-999 (平日 9:00~11:30、12:30~17:00)
http://www.jsda.or.jp/sonaeru/inv_alerts/alearts01/mikoukai/index.html

<当運営サイトをご利用にあたってのご注意点>

DANベンチャーキャピタル株式会社(以下「弊社」)は、日本の金融商品取引法に従い、金融庁に登録された第一種少額電子募集取扱業者です。日本国外の居住者は、当運営サイトで言及されている投資及びサービスを利用することができません。

投資決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願い致します。

弊社は、当運営サイト上の情報の正確性および完全性を保証または約束するものではありません。今後、予告なしに内容について、変更又は削除する場合があります。なお、当該情報の欠落・誤謬等につきましては、その責任を負いかねますのでご了承ください。

当運営サイトに記載されている内容の著作権は、原則として、弊社に帰属します。
著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することはできません。但し、個別に条件が提示されている場合は、当該条件が優先するものとします。当運営サイトから、リンクやバナーによって弊社以外のウェブサイトに移動される場合があります。移動された先のウェブサイトは、弊社が運営するものではございません。したがって、その内容の真偽等につきましては、弊社は責任を負いかねますのでご了承下さい。
当運営サイトに掲載されている資料は、将来の予測等に関する情報を含む場合がありますが、これらの情報はあくまで予測であり、その時々の状況により、変更を余儀なくされることが多々あります。